選ぶアイテムのディテールの選択肢を間違わなければ、スタイリッシュに春コーデできる♪

LL男子30代の春のメンズファッションコーデ

 

30代になり、大人感もコーデにプラスしなくてはいけないのに、サイズのことも気にしていかなくてはならないので気疲れしてしまいますね。

 

まずは、コーデの消去法に役に立つかと思い、体格のがっしりした人のコーデでNGアイテムをご紹介します。

 

  • 生地の薄いカーディガン→体格が露骨に表れて、体が大きく見えます
  • 白パン→膨張してしまいます
  • 白のトップス→顔の近くなので膨張効果が激しいです
  • ボーダー→横ラインが強調されてしまいます。ストライプの方がおススメです

 

です。これらの点に注意して、全身コーデを考えていきましょう。

 

締め色効果をうまく活用する!

LL男子30代の春のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

LL男子が嫌がるのは、膨張して見えてしまうことです。

 

このような時には、黒などの濃い色での締め色効果を有効に使いましょう。

 

特に有効なのが、トップスに黒を使うことです。

 

でも、必ずしも、お気に入りアウターアイテムが黒だとは限りませんよね。

 

例えば、グレーのジャケットが気に入った場合は、ジャケットの下に黒のアイテムを着るようにしましょう。

 

例えば、黒のVネックのカットソーでもいいですね。

 

「じゃあ、白シャツにグレーのジャケットを合わせるのは無理なの?」…白とグレーでは膨張して見えてしまうこともありますね。

 

こんな時には、ジャケットの下に白の襟シャツ+黒のポロシャツを合わせましょう。

 

「重ね着したら、モコモコしたシルエットにならない?」…そうですね。

 

少しでも着数を減らしてスッキリしたスタイルをしたいですよね。

 

こんな時には、ポロシャツ自体に襟シャツが既に縫い付けられているタイプを着ましょう。

 

こうすると、襟元部分にしか襟シャツはないので、着数を減らすことができます。スタイリッシュにコーデが決まりますね。

 

既にレイヤードが完成しているので、コーデが苦手な人にもおススメです。

 

襟シャツのコーデの時には、色味の強いカラーをセレクトしましょう。

LL男子30代の春のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

暖かくなってきた時のファッションで、襟シャツをアウターにした襟シャツ+カットソーコーデの時も、アウターの色は、濃いめがいいですね。

 

つまりサックスブルーや白、黄色の襟シャツは、膨張してしまいます。

 

こんな時には、濃いめの色をチョイスしましょう。赤や青がおススメです。

 

どちらにするかは好みですが、今回は青地の襟シャツでのコーデを考えてみましょう。

 

青のチェックシャツは、落ちついた雰囲気もあり、30代の男性が着こなすと大人っぽい印象になります。

 

MA-1などのシンプルなアウターの下に着て、デザインを足したり、腰に巻いて色味を足すと切り替えし効果になるので、着やせ効果にもつながります。

 

アウターとして着る場合は、青の襟シャツだけで濃い色のインパクトは十分なので、インナーは白のTシャツで十分です。

 

30代のかっちり感を出したいなら、ランダムメッシュのニットソーで透け感をプラスすると、グッと大人っぽさが上がります。

 

トップスがさっぱりした印象なので、ボトムスはサイドポケットのあるアイテムをセレクトして、遊び心を出してもいいですね。

 

カーゴパンツは、サイドポケットがある分、太もも周りをカバーできるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

テラードジャケットは、インナーで縦ラインを強調すると効果大!

LL男子30代の春のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

体格のいい人がテラードジャケットを着ると、肩幅があるので、ばっちり決まるという方も多いのではないでしょうか。

 

こうなると、きっちり感をコーデで出したい30代には、積極的にコーデに取り入れたいアイテムです。

 

では、かっちり体型の方のテラードジャケットコーデは、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

 

テラードジャケットは襟が横にフラットに倒れたフォルムのジャケットです。

 

中にはスタンドカラーがキレイにキープできるテラードジャケットもありますが、そうでない限り、テラードジャケットで無理に立ち襟スタイルをしようとすると、裏地が見えたりして、みっともないコーデになります。

 

テラードジャケットの襟は、横に倒して着て、インナーの襟シャツでスタンドカラーっぽく着る方が良いですね。

 

なぜ、ここまでスタンドカラースタイルにこだわるのかといえば、襟が立てば、縦ラインが強調されるので体型カバーにつながります。

 

トップスはすっきりしたシルエットラインになったので、ボトムスも細身の物をチョイスするのがベストです。

 

どうしてもジャケットで立ち襟スタイルをしたい人は、イタリアンカラージャケットの方がおススメです。

 

ニット素材のアウターでコーデする時には、ディテールにもこだわると、スタイリッシュになります!

LL男子30代の春のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

スタンドカラーのアイテムは縦ラインが強調されるので、体格のいい男子は積極的にチョイスしたアイテムです。

 

ニットは伸縮の効く素材なので、体型カバーに向いています。

 

なるべく濃い色のジップスタンドニットをセレクトすれば、締め色効果もあります。

 

ニットは柔らかい素材なので、白やベージュなど色味が薄い色だと膨張効果がより強まってしまいます。

 

黒やネイビーなどにしましょう。縦方向に編んでいるものなら、ニットで縦ラインが強調されるのでGOODです。

 

また、ボタンタイプのものよりもジップタイプのアイテムの方が、シャープな印象になり、野暮ったい印象になりません。

 

このように、二択の選択肢(「編み方が横編みか縦編みか」や「ボタンタイプかジップタイプか」)をうまく選択すればLL男子もスッキリニットを羽織ることができます。

 

ダーク色のニットをアウターにした時には、インナーは明るい色にするとコーデが春っぽくなっていいですね。

 

ブルー系のデニムとも相性が良いですし、カーキのチノパンやカーゴパンツとも相性バッチリです。

 

 

30代のLL男子は、大人っぽさぽコーデで出さなくてはならないので、コーデが難しいと思います。

 

「体が大きいからニットは…」などと思わないで、選ぶアイテムのディテールの選択肢を間違わなければ、スタイリッシュに春コーデを完成させられます。

 

ぜひ、いろいろなアイテムにチャレンジして、春らしいコーデを完成させてください。