平均点を目指す30代のマネキン買いメンズファッションのポイント

平均点を目指す30代のメンズファッションコーデ

 

30代になり、ファッションにそこまでお金も労力も費やしたくないという人も多いのではないでしょうか。

 

でも周りから「ダサい」という評判にだけはなりたくない!そんな人が増えてくるのも30代ですね。

 

ならば、平均点コーデがおススメです。

 

完璧なオシャレではないけれど、そこそこオシャレという平均点コーデとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

平均点コーデのポイントは「洋服のライン」「色」にだけ注意しましょう。

ボトムスがオシャレ度高いアイテムのときには、トップスで抜け感を出しましょう。

カットソーに白のクロップドパンツを合わせたコーデ例

平均点を目指す30代のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→白パンでキメた時には、カットソーで十分
  • 色→ボトムスが白の時には、トップスを濃くすることでコーデにメリハリをつける

 

白のクロップドパンツは爽やかな印象なので、初夏には穿きこなしたアイテムです。

 

しかし、白のクロップドパンツはキメ過ぎた印象になりがちなので、トップスで抜け感のある感じを演出しましょう。カットソーがベストです。

 

丸首でもVネックでもいいので、襟のないアイテムを合わせましょう。

 

襟付きアイテムを合わせてしまうとキメた感が出てしまうので、カットソーを合わせれば、「家にあるものを軽く着てきました感」のあるコーデになります。

 

さらに、平均点コーデでは色にも注意しましょう。白のボトムスには必ずダーク色をチョイスしましょう。

 

黒やネイビー濃い目のグレーなのがいいですね。

 

カットソーは一枚で着るものなので、この色がライトブルーのように薄いと、全体的にくすんだイメージになってしまいます。

 

ラインと色に注意すればさりげなく平均点以上のオシャレなマネキン買いコーデを選べます。

トップスがシックな色味の時には、ボトムスの色のチョイスに注意しましょう。

グレーのサマーニットにブルー系のデニムを合わせたコーデ例

平均点を目指す30代のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • 生地→サマーニットのエアリー感を存分に出す
  • 色→トップスがシックな色の時には、ボトムスで明るい色をチョイス!

 

夏のトップスでは、綿素材のTシャツを愛用されている人も多いかと思いますが、今年は、サマーニットを一つ増やしてみませんか。

 

透ける素材なので、エアリー感が漂うアイテムです。一枚でもクールに決まります。

 

同じ頭からかぶるアイテムなのに、Tシャツよりも、オシャレ度が高く、ラフな感じがしません。

 

透けるので、下に一枚着なくてはいけませんが、セットになっているものを購入すれば、そのまま着るだけなので、難しくはありません。

 

「ライン」というより生地選びですが、アイテムに一工夫出す!という点にポイントを置いてみました。

 

おススメコーデのように、グレーのサマーニットはシックで落ち着いた大人の雰囲気ですが、これにカーキのボトムスを合わせてしまうと、ちょっと暗い印象のコーデになってしまいます。

 

夏の爽やかさを演出するには、トップスが落ち着いた色味の時には、ボトムスは明るい色をチョイスしましょう。

 

グレーのトップスには、白パンやブルー系のデニムが爽やかです。

 

ラインと色の両方を工夫すると、コーデのオシャレ度がぐっと上がりますよ。

夏のシンプルコーデには、レイヤードをチョイスすることで、色味を増やして華やかなコーデにしましょう。

レイヤードスタイルのポロシャツを使ったコーデ例

平均点を目指す30代のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→タイトめ丈短パンツの時には、襟つきアイテムでクール
  • 色→レイヤードスタイルで一色プラスすることでこなれ感をアップ

 

「夏は、着数が増えると暑苦しいし、面倒くさい!やはりTシャツにハーフパンツがベスト!」・・・気持は分かります。

 

しかし、黒の無地のTシャツにブルー系のデニムのクロップドパンツはシンプル過ぎてオシャレでなないですね。

 

トップスもボトムスも色味に面白味がないので、着ている人をぼやっとさせてしまいます。

 

せめてもうちょっとだけ工夫をして平均点コーデまで上げてみませんか。

 

頭からかぶる数は同じにすれば、面倒くさくなくなるわけです。

 

こんな時にはおススメなのが、レイヤードスタイルです。

 

重ね着なので、一枚で二色使いされています。夏は着数が減る分、コーデの色も少ないのが特徴です。

 

先ほどのTシャツの例でも、使っている色は黒と青の二色です。

 

これをレイヤードコーデにすることで、色が増やせます。

 

おススメのコーデ例では黒のポロシャツにピンクのインナーがレイヤードされています。

 

これでコーデに使われている色は、黒、ピンク、青の三色に増えました。「レイヤードって、丈の長さとか面倒なんだよね」…そうですよね。

 

こんな時には、既に縫いつけタイプや、セットで販売されているアイテムを購入しましょう。色の配色も丈のバランスもメーカーの方がやってくれているので楽ですよ。

 

色が一色増えるだけで、こなれ感が出ます。さらにタイトめのクロップドパンツの時には、襟付きアイテムにすると、クールな印象が倍増します!

シンプルになりがちな夏のコーデには、柄ものを取り入れて、コーデを華やかにしましょう。

ブルー系のチャックシャツを使ったコーデ例

平均点を目指す30代のメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→襟シャツの時のボトムスはタイトめに!
  • 色→1アイテム柄ものをコーデに取り入れるだけ、華やかさアップ!

 

夏は暑いせいか、コーデもさっぱりしがちになりませんか。

 

ライトブルーの襟シャツ+白のTシャツ+ブルー系のデニム確かにカッコイイですが、すべてが無地になり、のっぺりとした印象になりかねません。

 

まだまだ30代です。もう少しオシャレ感をアップさせましょう。着る着数はそのままに、アイテムだけ変えてみましょう。

 

初夏のコーデを華やかにするなら柄シャツがおススメです。赤系のチェックシャツはインパクトもあり、コーデを一気に華やかにしてくれます。

 

しかし、赤系のシャツは男性で苦手!という人も意外に多いんですよね。

 

こんな時には、無理をしないでブルー系のシャツをチョイスしましょう。夏に向けては寒色系の色の方が季節感があるので、おススメです。

 

おススメコーデのようにネイビーの柄シャツは夏の爽やかコーデにはピッタリです。

 

「襟シャツもブルー系で、ボトムスもブルー系でなんだか色味が似ちゃって変じゃない?」…おっしゃる通りですね。

 

襟シャツのボタンを一番上まで留めてしまうと、やはりワントーン感が強くなってしまいます。

 

襟シャツとボトムスが同じ色味の時には、必ず、襟シャツのボタンをすべてオープンにして中に、白Tシャツを挟みましょう。

 

白はインパクトが強いので、色味をコントロールするのに適した色です。こうすることでのっぺり感は出ません。

 

襟シャツは、ポロシャツよりも裾が広がった感があるので、タイトめのボトムスと合わせる方がキレイめスタイルになってGOODですよ。

さいごに〜夏でもスッキリ見えるラインと色で平均点以上のマネキン買いコーデが可能に〜

あれこれ考えていろいろな要素をコーデに取り入れようとすると、頭も混乱してきてしまいます。

 

そこそこオシャレなコーデなら、もう少しシンプルにポイントを2つに絞ることで、平均点コーデが完成します。

 

すっきりした印象で、どこかオシャレポイントもきっちり入っているという印象のコーデです。

 

夏は、暑いので、うるさい印象のない、「さり気ないコーデ」の方がウケが良かったりします。