今回は、さりげなくちょっとオシャレ!といった平均点コーデ

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

 

40代になり、洋服のコーデが面倒になってきたりしませんか。

 

長年愛用してきているTシャツとカットソーだけのコーデでは、なんだか、カジュアルすぎてオシャレ感がないです。

 

ここできるアイテムを変えて少しだけイメチェンしてみましょう。

 

イメチェンといっても、ポイントを少し変えるだけです。

 

ポイントを明確にすることで、コーデの面倒臭さもなくなります。

 

今回は、さりげなくちょっとオシャレ!といった平均点コーデを目指してみたいと思います。

 

平均点コーデのポイントは2つです。洋服の「ライン」と「色」にこだわって40代にしかできないマネキン買いコーデを完成させてみましょう。

 

平均点以上間違いなし!きている人の品格を上げるポロシャツは夏のマストアイテム!

ネイビーのポロシャツ+ベージュのピケストレッチパンツのコーデ例

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→ポロシャツの襟でかっちり感をアップ
  • 色→落ち着いた雰囲気のベージュのチノパンの時には、トップスをダーク色にする

 

Tシャツ一枚では、なんだか安っぽく見えると悩んでいる40代の男性におススメなのがポロシャツです。

 

襟付きアイテムなので、夏でも一枚でさらっとカッコよく決まるので、コーデが苦手な人でもクールに着こなせますね。

 

おススメコーデのように、ベージュのピケ素材のチノパンと合わせれば、40代らしい知的なイメージのメンズファッションの完成です。

 

このまま美術館デートなどにも行けちゃいそうです。

 

以前のポロシャツというと、どこか優等生コーデで「老けて見えるかも?」と心配な人もいたかもしれませんが、最近のポロシャツはボタン合わせや袖部分が柄ものだったりして若い印象に着られます。

 

デザイン部分は全体の小さい面積なので、派手な印象を嫌う40代男性でも嫌悪感なく着こなせるのではないでしょうか。

 

こんなわずかな面積でも、デザイン効果は抜群なので、これ一枚で、「さりげなくオシャレ!」と思われる装いです。

 

もう少し砕けたショッピングなどの場面では、これにベージュのクロップドパンツというマネキン買いコーデで抜け感をアップしましょう。

 

ポロシャツはボトムスによって雰囲気が変えやすいヘビロテ間違いなしの夏アイテムです。

 

 

丈短パンツの時には、平均点を狙える襟付きシャツで大人っぽく仕上げましょう。

ロールアップ部分が黒の襟シャツを使ったコーデ例

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→クロップドパンツでも襟付きアイテムで大人っぽく
  • 色→襟付きシャツの袖のロールアップ部分に締め色の黒をプラスして、コーデを引き締める

 

襟付きシャツ+クロップドパンツ、初夏の定番マネキン買いコーデです。

 

この時のカラーが襟シャツがライトブルーで、ボトムスがデニムだった場合、着やせ効果を期待する人には、ややぼやっとした印象になりがちです。

 

こんな時には締め色効果の黒を使うと平均点以上のメンズファッションに仕上がります。

 

個人的におススメなのは、「カバンを黒にして、締め色をプラスする」なのですが、「だから、程々にオシャレでいいんだから、小物とかにこだわらないで!」とお叱りを受けそうなので、カバンではなく、襟シャツ自体に黒を足しましょう。

 

襟シャツのロールアップ部分を黒のものをチョイスすれば、締め色がプラスされます。

 

このようなアイテムなら羽織るだけで締め色をゲットできるので、簡単です。

 

「40代でクロップドパンツを穿くコツは?」…一言でいえば夏の爽やかさを引き出せる襟付きシャツと合わせることです。

 

かっちり感がでるので、ボトムスで肌を見せても、40代の品格は落としません。

 

大人のシックなコーデには、黒を効果的に取り入れましょう。

インナーカットソーに黒をチョイスした時のコーデ例

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→シックなラインにきめるなら、ボトムスはタイトなラインで
  • 色→黒の効果的に使うことで、大人のシックさをさりげなくコーデに出す

 

夏のコーデはシンプルになります。白や淡い色を基調としたものが多くなるのが特徴です。

 

「なんか40代の大人っぽさがないけれど、黒のテラードジャケットを着るのは暑いな」…なんて時にはインナーのカットソーを黒にするだけで、ぐっとシックな印象になりますよ。

 

襟シャツ+カットソーのコーデだとどうしても、白Tシャツをチョイスしがちです。

 

もちろん白は爽やかなので、一枚持っておくと便利ですね。

 

バリエーションを増やす時に黒のカットソーを一枚取り入れると、コーデの幅が広がりますよ。

 

アウターに黒を着ると、暑いイメージになりがちですが、インナーに黒のアイテムをチョイスするとアウターの襟シャツが、黒の面積をいい感じに絞ってくれるので、暑苦しい印象になりません。

 

トップスに黒を取り入れたら、ボトムスは爽やかなライトカラー(カーキや黒だと暗くなってしまいます)がいいですね。

 

シックな印象にまとめるなら、ボトムスもきれいめのタイトなラインのものがおススメです。

 

夏の羽織りものには、脱いでもかっこいいポロシャツ+ショールカーディガンのマネキン買い!

サマーショルカラーカーディガンを使ったコーデ例

平均点を目指す40代の夏のメンズファッションマネキン買いコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

  • ライン→ポロシャツのかっちり感と、ショールカーディガンのエアリー感で大人セクシーに!
  • 色→黒のポロシャツで大人感を、カーディガンを淡い色にして爽やかさをアピール

 

春から初夏にかけて気温がまだまだアップダウンする季節です。

 

40代での羽織りアイテムってどうしていますか?

 

「襟付きのシャツは持っているけれど、インナーはTシャツの類しか合わせられない。

 

でもこれだと、暑くなって羽織りものを脱いだ時に、Tシャツだけになってしまってオシャレじゃない」とお悩みの方いませんか。

 

暑くなりそうで半袖でいる時間が明らかに長そうだ!という気温の時におススメなのが、ポロシャツ+ショールカーディガンというコーデです。

 

カーディガンもさまざまな種類がありますが、ショールカーディガンは、前OPENで着るパターンが多いので、Y字カーディガンよりも、インナーを気にせずに羽織ることができます。

 

風になびく感じがして、大人の男性が着こなしていると、とても品格のある大人といった印象です。

 

これに合わせるポロシャツは、襟付きアイテムなのでそこそこかっちり感がありますし、何よりカーディガンを脱いだ時もオシャレですね。

 

ぜひ、カーディガンを脱いだ時には脱いだカーディガンを腰などは巻かず(生地も伸びるので)、無造作に手で持ってください。

 

この無造作っぷりを大人の人がやるとむちゃくちゃかっこいいんです。

 

ポロシャツを黒にしてカーディガンを淡い色にする方が、目線がポロシャツにいきやすく大人っぽいマネキン買いに決まります。

 

 

さおごに〜ラインと色を上手に組み合わせたマネキン買いで楽々コーデ〜

ポイントを2つに絞ることで、コーデ自体の組み合わせも、簡単に思えてきませんか。

 

この2つだけでもこだわれば、かなりオシャレなコーデです。

 

懲りすぎて、キザっぽい印象にはなりませんね。

 

ものすごいオシャレではないですが、どれも清潔感があって、さりげなくおしゃれだなぁといった印象を持ちますね。

 

平均点コーデで、まずはコーデ不要の簡単なマネキン買いで初めてみましょう!