一般受けしやすい平均点以上のメンズファッション「ライン」と「色」に注意しよう

20代の平均点以上のマネキン買いメンズファッションコーデ

 

ファッションは、個人によってどこまでのレベルの装いをするのかが変わってきます。

 

一点の妥協のない100点コーデかそこまでは求めないけれど、そこそこの「平均点コーデ」を目指すかは人それぞれです。

 

100点コーデが優れたコーデで平均点コーデが劣っているのかといえば、必ずしもそういうわけでもありません。

 

100点コーデは、完成された形ゆえに、好き嫌いが分かれます。平均点コーデはそこまでキザっぽい印象もないので、一般ウケしやすいファッションともいえます。

 

ではどのようなコーデが平均点コーデなのでしょうか。

 

平均点コーデをする上で必要なポイントは、「洋服のライン」と「色」にだけポイントを置くことです。

 

 

トップスとボトムスのどちらか一方だけをきっちりさせれば大丈夫です。

チャコールグレーのクロップドパンツにライトブルーの襟シャツを合わせたコーデ例

20代の平均点以上のマネキン買いメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

ボトムスが、ダーク色の場合は、必ずトップスは明るい色をチョイスしましょう。

 

おススメコーデのように、クロップドパンツがチャコールグレー(黒みがかったグレー)の場合には、ライトブルーの襟シャツがベストです。

 

夏コーデは、着数が少ないので、トップスがダーク色ならボトムスは明るい色にし、トップスが明るい色ならボトムスはダーク色を合わせましょう。

 

「チャコールグレーのクロップドパンツの時に、ライトグレーのTシャツでもいいの?」…もちろんアリですが、おススメコーデのように、クロップドパンツがややゆるっとしたラインの時に、トップスをシンプルにすると、コーデ全体が野暮ったい印象になってしまいます。

 

ゆるっとラインのボトムスの時には襟付きアイテムを一枚羽織ると、オシャレ度がぐっと上がって、外着感がでます。これで平均点コーデの完成です。

 

ライン→ゆるっとパンツの時のトップスは襟付きシャツがBEST!

 

色→ボトムスがダーク色の時には、トップスは明るい色をチョイスしてみて。

 

 

 

青のパーカーの時には、ボトムスの丈を短くして肌見せするのがCOOL!

青のパーカーに白のアンクルパンツを合わせたコーデ例

20代の平均点以上のマネキン買いメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

20代の初夏の羽織りアイテムの代表格といえば、パーカーですね。

 

テラードジャケットだとキメッキメツになりすぎるけれど、パーカーなら場所を選ばず気軽に羽織れます。

 

しかし、パーカーコーデは、女子の間では「カジュアルすぎ!」と点数低めの評価が下っちゃうこともあるんです。

 

「でもパーカーはシワになりにくいし、生地も柔らかいので何とかして平均点までオシャレ度を上げられないの?」…そんな時には、白パンを合わせましょう。

 

クールで爽やかなので、オシャレ度の高いアイテムです。

 

パーカーがボリューミーなのでボトムスで足の素肌を見せてコーデの風通しを良くしましょう。

 

クロップド丈でもいいですし、おススメコーデのようにアンクル丈でもいいですね。

 

パーカーの色のチョイスでは、白パンと相性がいいのは、青です。

 

青のパーカーにすれば、爽やかなマリンルックの完成です。これでカジュアルすぎる印象にはなりません。

 

ライン→パーカーコーデの時には、ボトムスで肌を見せて、爽やかさをアピール!

 

色→白パンの時には、メリハリのある青をチョイスして、マリンルックが爽やかに仕上がります。

 

 

 

初夏のフルレングスコーデには、首元を開けて肌のチョイ見せを!

フルレングスのデニムに黒のポロシャツを合わせコーデ例

20代の平均点以上のマネキン買いメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

初夏はフルレングスのパンツとクロップッドパンツの二枚を巧みに使い分ける人も多いですよね。

 

こんな暑い時期にフルレングスのパンツはやはり見た目にも暑そうだな、という印象になりかねません。

 

こんな時には、おススメなのが、首の肌のチラ見せです。

 

首の肌が見えることで、コーデの窮屈感が解消されます。

 

しかもこの肌のチラ見せを効果的に見せてくれるのが黒です。黒は肌の色よりも濃いので、より肌を爽やかに演出してくれる色です。

 

こうなると、フルレングスの時のトップスでおススメなのが黒のポロシャツです。

 

20代の男性のコーデにしては、少し大人っぽい印象ですが、クールで知的な印象が強いですね。

 

同じ男友達が集まった時に、明るい色のコーデが多いかと思いますが、一人だけ知的なイメージが強くなるのでおススメです。

 

ライン→フルレングスの窮屈感の解消に、ポロシャツで首元の肌見せを!

 

色→黒をチョイスすることで、肌のチョイ見せを効果的にアピールできそう。

 

 

 

柄のクロップドパンツは、デニムシャツを着て、さりげないオシャレ感を醸し出しましょう。

デニムシャツに柄パンを合わせたコーデ例

20代の平均点以上のマネキン買いメンズファッションコーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

20代の人に人気なのが、柄のクロップドパンツです。

 

この柄パンは着合わせるアイテムによって雰囲気が全く違うものになるのです。

 

柄パン自体は、デザイン性が豊かでフレッシュな印象のアイテムです。

 

これに黒のテラードジャケットを合わせると、少し優等生っぽい印象のコーデになります。

 

これは、点数が上過ぎて、好き嫌いが分かれそうなコーデです。

 

また、柄パンにパーカーを合わせると、一気にヤンチャな印象が強くなります。

 

柄パンのフレッシュさを加減することで、平均点くらいのコーデになりそうです。

 

おススメはデニムシャツです。爽やかな印象もありながら、デニム生地なのでキザっぽくなりません。

 

おススメコーデのように、柄パンがタイトなシルエットの時には、トップスに少し横の膨らみを出してあげるとコーデが決まります。

 

例えば同じ襟付きアイテムのポロシャツはタイトなシルエットなので、ストンとまっすぐな印象のコーデになります。

 

背が高くて細い人には向かないコーデです。タイトなボトムスの時にはカットソー+襟付きシャツをチョイスすると、襟付きシャツの裾の広がりで、バランスが格段に良くなります。

 

いわゆるYラインになるのできれいめコーデが完成します。これならさりげないオシャレ!といった感じです。

 

ライン→襟付きシャツの裾広がりを利用して、タイトなボトムスをきれいめラインに!

 

色→デニムの爽やかさで、柄のデザインをうまくコントロールしています。

 

 

 

 

さいごに〜ラインと色だけ注意すれば平均点以上のメンズファッションコーデが完成〜

このように、「ライン」と「色」にだけ注目するだけで、きざっぽくならないかれど、どこかオシャレな平均点コーデは完成します。

 

あれこれ気にしすぎると、オシャレ度も上がりますが、一般ウケが悪くなったり、コーデに失敗をしてしまったりします。

 

まずは、ポイントを二つに絞ってコーデをしてみましょう。