体型カバーをしつつファッショナブルに決まるのが、おデブ男子のオシャレの極意

XL・LLのおデブ男子のおしゃれの極意

 

標準体型の人とおデブ男子の人ではオシャレポイントが違うのでしょうか。答えはズバリちがいます。

 

おデブな人は、オシャレな柄ものをチョイスしても、柄が肥大化して見えてしまったりするので、オシャレにはなりません。むしろNGコーデですね。

 

では、おデブな人は、どのような点に注意してコーデをすればいいのでしょうか。

 

トップス選び

 

トップスは顔の近くにあるアイテムなので、顔が小さく見えるには、トップス選びが肝心です。

 

ライン

 

  • 首の肌は適度に出すのがBEST→タートルネックや、ボトルネックなどの首つまりトップスは、首を短く見せてしまい、顔が大きく見えてしまいます
  •  

  • ダボっとしたシルエットの服はチョイスしない→楽ではありますが、よりおデブに見えてしまいます。
  •  

  • 体が透けない生地のしっかりしたアイテムを選ぶ→おデブな人は、体が洋服に密着しやすく、体のラインが出やすいです。
    肌が透けるようなペラペラのTシャツでは、肌が透けてしまい、清潔感に欠けます。
    デニムシャツや鹿の子素材など表面に凹凸がある生地のアイテムを選ぶと、体のラインが響きにくくなります。
  •  

  • トップスのアッパー部分にVのシルエットがプラスされると着やせ効果が高まります。この効果を活かして、襟シャツをコーデに積極的に取り入れて、縦のラインを強調しましょう。

 

 

  • 濃色の方が締め色効果が高いのでおススメ→黒、ネイビーなどがいいですよ。
  •  

  • 色使いが派手だとガシャガシャうるさい印象に!トップスでは3色以内に色を抑えるのがベストです。

 

丈感

 

  • 適度な肌見せは涼しげな印象なので、初夏から夏にかけては7分丈や半袖など短め袖丈にして季節感を出しましょう。
    しかしタンクトップ一枚は、肌の露出が多すぎて、一般的に女子ウケしにくいアイテムなので、半袖くらいに留めるのがクールです。

 

 

  • 絵柄アイテムはアリですが、ボーダー柄は横幅を強調させるので、おススメしません。

 

ボトムス選び

 

 

大きいお尻や太ももを隠したい場合は、ボトムス選びが肝心です。

 

ライン

 

  • あまりタイトすぎるパンツは、体のラインを強調してしまい、周りから「窮屈そう…」とマイナスイメージを持たれてしまうのでNGです。
    スキニーはおススメしません。しかし、太ももだけが太くて、膝下からは標準体型の人には、膝下からテパード加工の入っているテパードラインはおススメです。
    試着をして、窮屈感がないことを必ず確認しましょう。ストーレートやワークパンツは安パイですね。

 

 

  • 締め色の黒やネイビー、チャコールグレーがおススメです

 

 

丈感

 

  • 適度な肌見せは、爽やかに見えるので、出す方が効果的です。クロップドパンツやショートパンツが夏アイテムではいいですね。
    また、ここまで短い丈に抵抗のある人は、フルレングスのパンツを1〜2ロールアップして、くるぶしを見せるアンクル丈にするだけでも野暮ったさはなくなります。

 

 

 

  • 絵柄のクロップッドパンツもいいのですが、下着感のないものを選びましょう。どうしても絵柄だと女性は、下着感を感じ、あまりよく思わないという女子も多くいます。
    グレンチェックやヘリンボーンは下着感が全くないので、こうした柄の方が安パイです。ボーダー柄は横方向を強調するのでおススメしません。
    逆にストライプ柄は、縦方向なので、おススメなのですが、ストライプ幅が太いものだと下着感がでるので、なるべく細いものをチョイスしましょう。


 

トータルコーデ

ここまで読んでいただけると、濃い色のトップス×濃い色のボトムスがいいの?となりますが、そうではありません。

 

トップスかボトムスの細く見せたい方をどちらか一方を決めて、そちらの方に濃い色のアイテムをチョイスするようにしましょう。

 

濃い色×濃い色だと夏には窮屈感が出てしまいます。また、どちらか一方を淡い色にすることで、細く見せたい方の濃い色の締め色効果が高くなります。

 

「顔を小さく見せたい!」人は…

 

  • 【OK例】トップス→濃い色×ボトムス→淡い色
  • 【NG例】トップス→淡い色×ボトムス→濃い色

 

「お尻を小さく見せたい!」人は…

 

  • 【OK例】トップス→淡い色×ボトムス→濃い色
  • 【NG例】トップス→濃い色×ボトムス→淡い色

ということになります。

 

 

 

体の部位別ポイント

 

「ぽっちゃりお腹を隠したい!」人は…

 

目線を上に持っていくようにしましょう。例えば、トップスのTシャツでも、お腹周りに柄があるとその柄が、伸びた印象になります。

 

サクランボの絵柄がぽっちゃりお腹に乗るとでトマトくらい肥大化してしまいます。

 

これでは、お腹のぽっちゃりが強調されてしまいますね。こんな時には、胸よりも上だけにデザインがあるアイテムをチョイスするといいですよ。

 

ボトムスの同様で、お腹まわりに、パンツのアッパー部分がかかるので、こんな時にボーダーなどの柄ものをチョイスすると、お腹周りだけボーダーの間隔が広がってしまい、ぽっちゃりお腹を強調してしまいます。

 

こんな時には、無地のアイテム(デニムを含む)をチョイスするのがベストです。

 

お腹周りが気になる人へのおススメアイテムはコレ!

おデブ男子の極意

→【楽天市場で見てみる】胸ポケットデザインがアッパー部分にあるカットソー


 

「腕回りを隠したい!」人は…

 

夏は、半袖丈なので、腕回りを隠したい人は苦労しそうなイメージですが、隠さず半袖丈のほうがいいですよ。

 

隠そうとして、ピッチピッチのロンT一枚でのコーデだと、腕回りが太いのをむしろ強調させてしまいます。

 

半袖ですっきり見せるのがベストです。どうしても腕を隠したい人は、半袖と長袖をレイヤードにしたものを着る方が、ロンT一枚よりは腕を強調させません。

 

腕回りが気になる人におススメのアイテムはコレ!

おデブ男子の極意

→【楽天市場で見てみる】クルーネックのレイヤードリングスリーブシャツ

 


 

「太ももを隠したい人!」は…

 

おデブという以外に、体育会系の人にも多いのが太ももが太い男性です。

 

選んだパンツが胴周りは入るのに、太ももだけが突っかかって入らない!という人も多いようです。カーゴパンツがおススメです。

 

カーゴパンツは太もも周りがゆるく作られているものが多く、サイドポケットで目線もごまかせるので、いいですね。

 

無地のワークパンツより、オシャレ感もあります。夏では、ショート丈のカーゴパンツも登場しますのでおススメです。

 

太ももを隠したい人におススメのアイテムはコレ!

 

おデブ男子の極意

→【楽天市場で見てみる】ショート丈のカーゴパンツ


 

「ぽっちゃりお尻を隠したい!」人は…

 

タイトなシルエットのパンツは絶対NGです。パンツのラインに体のラインが響きすぎてしまうと、余計におデブに見えてしまいます。

 

綿素材は、伸縮性があるのですが、体へのフィット感が強いので、ラインが出やすくなります。

 

アイテムが綿素材で「ストレッチ性」と表示されているアイテムは、少しゆとりのあるサイズを選びましょう。

 

体のラインが響きにくいのは、生地自体がしっかりしているもの。一見、硬そうな生地感のものは、体のラインを響きにくくなります。

 

デニムが、生地がしっかりしているのでこれに該当します。さらに、お尻を隠すのであれば、お尻部分にポケットがあるとなおいいですね。ポケットの分だけごまかしが効きます。

 

お尻が気になる人におススメのアイテムはコレ!

 

おデブ男子の極意

→【楽天市場で見てみる】お尻にポケットのあるEDWINのデニム


 

こうしてみると、標準体型の人と同じことをするよりも、体型カバーをしつつファッショナブルに決まるのが、おデブ男子のオシャレの極意です。

 

難しいことはありません。洋服を購入する時に、「ボーダー柄のパンツとグレンチェック柄のパンツのどっちを買おう?」と迷った時にグレンチャックを選ぶ方が、体型カバーのできるオシャレになるということだけです。

 

二者択一に迷った時にこのような知識があるとだいぶ違いますよ。

 

 

おデブ男子の極意