30代の大人っぽさと体型カバーの両方を取り入れたコーデ

30代のぽっちゃり男子の春コーデ

 

30代になり、運動不足で体型が気になりだした方いませんか。

 

20代の頃から着ていたアイテムが急にきつくなったり、着れるには着れるけど、なんだかイマイチ決まらなかったり・・・。

 

体のラインに合ったコーデができていないせいかもしれません。

 

30代の大人っぽさと体型カバーの両方を取り入れたコーデを取り入れ始めてみませんか。

 

どんなコーデがあるのでしょうか。全身コーデでご紹介していきましょう。

 

ダーク色のY字カーディガンを効果的に使うべし!

30代のぽっちゃり男子の春コーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

ダーク色のアイテムを効果的に使うと、着やせ効果は高くなります。

 

例えば、春に気軽に羽織れるパーカーですが、白のTシャツにグレーのパーカーを合わせた時に、なんかぽっちゃり見えてしまったことがありませんか。

 

これは、グレーも白も膨張色なので、体型を大きく見せてしまったせいです。

 

「でも、ライトグレーや白のニュアンスカラーは春色なので、是非コーデに取り入れたい!」という方もいますよね。季節感を大切にしていて素敵です!

 

そんな時に一枚あるのと便利なのが、ダーク色のカーディガンです。ダーク色は引き締め効果があります。

 

この効果を、インナーとアウターの間に挟めば、着やせ効果はばっちりです。

 

特にY字カーディガン(Vネックカーディガン)は、首元がVの字になることで、シュッと引き締まった効果を高めてくれるのです。

 

首元もすっきりデコルテラインも見えるので、ダブルで着やせ効果が狙えます。

 

もちろんダーク色のY字のカーディガンは、アウターとしても使えますので、暖かくなった時にも、使える便利アイテムです。

 

インナーやアウターは春色の淡い色を使えるので季節感を大切にしたコーデが完成できます。

 

 

縦ラインが強調されているアイテムをチョイスすべし!

30代のぽっちゃり男子の春コーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

スタンドカラーは、縦のラインが強調されたアイテムです。

 

縦ラインが長くなると、横のラインが目立たなくなるので着やせ効果が生まれます。

 

また、スタンドカラーの部分にチンストラップなどのアクセサリーがあれば、目線が上に行きやすくなるので、お腹周りが気になりだした方にもおススメです。

 

このようなタイプのものは、コートではよく見かけるのですがやはり、冬感が強いのでジャケットタイプのものをチョイスしましょう。

 

生地が薄めなので、気軽に羽織れるアウターです。

 

せっかく縦ラインが長く、面積が大きいので、カラーは締め色効果のある黒をチョイスしましょう。

 

スタンドカラーのジャケットだけで、充分縦ラインは強調されているので、インナーは、すっきり肌を見せる方がいいですね。

 

その方が窮屈な印象になりません。Vネックのカットソーや襟シャツで上のボタンを何個か外して着ることで、爽やかな印象になります。

 

このメリハリ感で、着やせ効果も春の爽やかさも両方ゲットできますね。

 

 

立体的な生地を選ぶべし!

30代のぽっちゃり男子の春コーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

ぽっちゃり体型の人が選んではいけないのは、伸縮性の強い生地を使ったアイテムです。

 

伸縮性が強いということはそれだけ体にフィットするので、体型がアウターに響きやすくなってしまいます。

 

カットジャケットは、カットソーの素材で作られているため、体がフィットしやすく、体型が露骨に響くのでおススメしません。

 

逆に生地自体がしっかりしているものがいいですね。

 

例えば、立体的な織り方をした生地などは、体のラインが響きにくいです。

 

スラブ地などがおススメの生地です。イメージとしては、生地が分厚く凹凸のあるような生地のほうが、体のラインを出にくくしてくれます。

 

このような生地は、冬物のジャケットでは種類が多いのですが、春仕様となると、生地が薄くなる分、立体的な織り方の生地の種類が少なくなってしまいます。

 

生地が薄くなりがちな春コーデだけに、生地選びには注意が必要ですね。

 

 

襟シャツをアウターにしたコーデでは、ダーク色をアウターに持ってくるべし!

30代のぽっちゃり男子の春コーデ

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

春のコーデで、襟シャツ+カットソーの組み合わせは定番の着合わせ方です。

 

この時、インナーでボーダーをよく見かけますが、体の大きい方は、ボーダーはNGアイテムです。

 

こうなると方程式のように言われるのが「ストライプを着た方がいい」というものです。

 

しかし、ストライプはボーダーよりもカチッと感も強く、万人ウケするわけではないですね。

 

そんな時には、白のTシャツでもいいのです。「え!?白は膨張色だから着てはいけないんじゃないの?」…そうですね。

 

でも、アウターとして着る襟シャツを濃い目の色にすれば、大丈夫です。

 

この時の着方で気をつけたいのが、襟シャツの前身頃がなるべく体の前面にくるようにすることです。

 

こうすることで、体の前面にしっかり引き締め効果も出ます。

 

インナーはライト色であれば、その効果も高くなります。

 

人と会ったら、人の目は前面にばかり行きますよね。

 

インナーは白シャツでもいいので、きっちりダーク色のアウターを体の前面まで持ってくることで、引き締まった印象を強調することができます。

 

襟シャツを前閉じで着てもいいのですが、野暮ったくなるので、前OPENできたいですよね。

 

安全ピンで襟シャツとインナーを留めてしまいたいですが、ここまでする必要もありません。たまに襟シャツが前にくるように意識しましょう。

 

 

 

30代の大人の男っぽさを出すために、首元の肌を見せることは、セクシーさと体型カバーの両方につながるので、意識したい着方ですね。

 

体型を隠すために、生地面積を大きくするのではなく、肌を見せたり、ダーク色のアウターで引き締めたりのさじ加減をする方が、大人のかっちり感と体型カバーの両方をコーデでゲットできます。

 

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。