体格のがっしりした男性がコーデする上で大事なキーワードは「縦ライン」です。

LL男子の春のメンズファッション

 

体が大きいと、好みの服にサイズがなかったりしていて、ファッションで諦めることありませんか。

 

体が大きいと、肩幅が広く男らしい体格なので、アイテムのセレクトを間違わなければ、オシャレなコーデを完成できます。

 

今は春!春らしい軽やかなファッションを楽しみたいところです。

 

体格のがっしりした男性がコーデする上で大事なキーワードは「縦ライン」です。

 

縦方向に洋服の生地をプラスすることで、縦のラインが強調され、横幅の膨張を抑えることができます。

 

これらに気をつけて、コーデを考えて行きたいと思います。

 

 

 

締め色効果を狙うなら、黒のパーカーがおススメ!

LL男子の春のメンズファッション

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

パーカーは気軽に羽織れるアイテムで、男性に人気のアイテムです。

 

よく目にするのは、グレーのスウェット地のパーカーではないでしょうか。

 

もし、体格の大きい人が、体型をカバーすることを考えるなら、おススメは黒のパーカーです。

 

スウェット地は、単色でマットないイメージが強く、暗いイメージになり兼ねません。

 

うっすら柄が入っているアイテムはオシャレ度高いですね。

 

フードの部分がスタンドフォームがキープできる作るになっていると、縦方向にラインが伸びるので、横のラインを抑える効果が期待できます。

 

おススメのコーデ例でご紹介したパーカーは、うっすらジャガード模様が入っていて、フード部分もきっちりキープできおススメです。

 

さらに縦方向を強調するなら、インナーを襟シャツにしましょう。襟の分だけ、縦方向がプラスされるので体型カバーになりますね。

 

さらにボトムスのセレクトで、カーゴパンツを合わせれば、サイドポケットがある分、太もも周りがカバーできるので太もも周りが気になる方におススメのアイテムです。

 

 

 

 

ドンキー襟のアイテムは、首元がボリューミなので、体型カバーにピッタリ!

LL男子の春のメンズファッション

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

カットジャケットは、生地が柔らかい分、体にフィットするアイテムです。

 

なので、体格のがっしりした男性におススメというわけではないのですが、ドンキー襟はボリューミーで高さを増すアイテムなので、がっしり体型の男性におススメです。

 

ドンキー襟を強調するために、インナーは首回りがスッキリしたVネックのカットソーがいいですね。

 

今回のおススメのコーデ例のように長袖のポロシャツと襟シャツのレイヤードスタイルだと、大人っぽいコーデになります。

 

ドンキー襟がオラオラ感が強いアイテムなので、20代でコーデを落ち着かせたい人には襟シャツをインナーに合わせるのがおススメです。

 

襟シャツが白地の場合は、黒のポロシャツを襟シャツの上に着て、締め色効果を足しましょう。

 

「襟シャツにポロシャツでは、着数多くない?」…心配いりません。

 

このアイテムは、襟シャツが縫い付けタイプなので、着数が多くなりません。

 

これに、ワイドパンツを合わせると、またオラオラ感が強くなり、体も大きく見えてしまうので、スッキリ細身かストレートタイプのブルー系デニムと合わせるのがベストです。

 

 

 

 

かっちりしたシーンの時のテラードジャケットコーデは、インナーで縦ラインを強調するのがおススメです。

LL男子の春のメンズファッション

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

黒のテラードジャケットは、生地がかっちりしているので、少し窮屈なアイテムではありますが、肩幅のある体格の男性が着こなすとばっちり決まります。

 

積極的にコーデに取り入れたいですね。せっかくかっこよく決まるアイテムなのですが、NGなコーデ例もあります。

 

野球選手などが良くやっている黒のVネックカットソー+黒のテラードジャケットです。

 

かなりキメッキメツののファッションでクールっぽさを出しているのでしょうが、とにかくこの組み合わせは目立ちます。

 

体が大きいので、黒の印象が強くなりすぎ「決め過ぎなのでは?」と一歩引いてみてしまいます。

 

野球選手や芸能人なたありなのかもしれませんが、一般ウケがいいのは、白地のデザインシャツをインナーに合わせるコーデです。

 

襟シャツの襟部分を立ち襟気味に着こなせば、インナーで縦ラインを強調できます。

 

テラードジャケット自体は、襟元がスッキリしているので、襟シャツで縦ラインをプラスするのがおススメです。

 

パーカーをインナーとテラードジャケットに挟むというコーデもありますが、テラードが生地がそこまで厚くないので、着数が多くなると着膨れして見えてしまうので注意が必要です。

 

パーカーは挟まなくても、襟シャツだけで縦ラインは強調できますので、パーカーは無理に挟む必要はなさそうです。

 

 

 

 

 

カジュアルスタイルの時は、縦方向にボリュームがあるボリュームネックブルゾンがおススメ!

LL男子の春のメンズファッション

⇒このコーデの詳細はコチラ

 

20代でのカジュアルスタイルではどうでしょう。

 

春になるとマウンテンパーカーも店頭に並びますが、生地が柔らかく、裾が広がるフォルムのマウンテンパーカーは、体を大きく見せてしまいがちです。

 

同じく気軽に羽織れるアイテムでおススメなのは、ボリュームネックブルゾンです。

 

襟部分がスタンドフォルムになっているので、縦ラインが強調されておススメです。

 

これにより、横ラインを抑えて見せることができます。

 

また、ボリュームネックブルゾンは、タイトな作りのものが多く、裾が広がったデザインのものは少ないですね。

 

黒のボリュームネックブルゾンは、締め色効果は大きいのですが、春にはやや重い印象になりがちです。

 

こんな時は、Wジップタイプかボタンタイプにのアイテムをチョイスしましょう。

 

インナーを白などのライト色のカットソーにすれば、裾方向のジップかボタンを開けて、インナーの白をチラ見させるさせましょう。

 

こうすれば、コーデが窮屈な印象になりません。

 

ボリュームネックブルゾンを黒にすると、暗い印象になるので、ベージュなどの明るめのボトムスと合わるのではどうでしょう。

 

明るい印象になり、春らしいコーデになります。

 

 

 

 

縦ラインに生地がプラスできるアイテムにしたり、締め色効果の高いダーク色のアイテムにすることで、体格のいい男性でも、スタイリッシュなコーデができることが分かりました。

 

注意すべきは、インナーをライト色にしてコーデ自体が暗くならないようにすることです。

 

こうすれば、春らしさもコーデにプラスできますね。